盂蘭盆会法要(8月行事予定)

盂蘭盆会は釋迦十大弟子の一人、目連尊者の物語『盂蘭盆経』の教説に由来する行事です。飢えに苦しむ餓鬼道に堕ちた亡き母を救おうとする目連尊者に対し、お釈迦様はすべての人を慈しみ供養することを勧められました。そのことが目連尊者自身の仏法を聞く縁に遇ったのです。

お盆は東日本では7月に行われることが多く、(明福寺でも7月に盂蘭盆会法要を行っております。)西日本では8月に行われることが多いのですが、テレビなどのニュースでは8月13日近くなると「お盆休み」で都会から故郷へ帰る人々の大移動と墓参りの様子を報じます。そのため、社会的には8月がお盆と認知されているかもしれません。

お盆が7月と8月に分かれてしまったのは、明治の改暦で旧暦から新暦に変わったことに起因しています。

明福寺でも8月のお盆の時期にお墓参りにこられる方がいらっしゃいます。今回試みに8月に盂蘭盆会を勤修いたします。是非ご参詣いただければと思います。

日時 8月12日(月)振替休日 15時00分開始

場所 明福寺 港区三田4−4−14

日程

15時00分 勤行

15時40分 法話 中根信雄 住職

17時00分 終了予定 ※境内でお花の販売はありません。