盂蘭盆会法要(7月行事予定)

盂蘭盆会は釋迦十大弟子の一人、目連尊者の物語『盂蘭盆経』の教説に由来する行事です。飢えに苦しむ餓鬼道に堕ちた亡き母を救おうとする目連尊者に対し、お釈迦様はすべての人を慈しみ供養することを勧められました。そのことが目連尊者自身の仏法を聞く縁に遇ったのです。

日時 7月13日(土) 12時45分開始

場所 明福寺 東京都港区三田4−4−14

日程

12時45分 合祀墓前勤行

13時00分 本堂内勤行

13時40分 法話 三橋尚伸師 

15時30分 終了予定

三橋 尚伸(真宗大谷派僧侶/産業カウンセラー)

真宗大谷派僧侶・産業カウンセラー・メンタルレスキュー協会会員・医療リスクマネージャー、日本カウンセリング学会会員。

企業・公官庁・医療・宗教関係などでの研修や講演の他、個人のカウンセリングも行っている。また、病院では医療従事者をはじめ、患者・家族のカウンセリングを行いながら、病棟のラウンドや法話会を実施。主な著書に、『「病」を包むお見舞い言葉』(講談社)、『死で終わる命はない』(ぷねうま社刊)など。 ※境内でお花の販売はありません。