逮夜法要

逮夜法要においては

100年前に刊行されていた法話集から

名前を受継ぐ者が

それを題材に自分を受け止めを話し

その後、これからのお寺という題で

パネルディスカッションを行いました。