年中行事

年中行事

お寺の伝統的な行事です。
1月1日 修正会(しゅうしょうえ)
年始の法要です。お勤めの後、懇親の時間を設けています。

3月(春分の日) 春彼岸会

もともと「彼岸」は仏教の言葉で、季節をあらわす名ではありません。生死の迷いの世界があるこの世の此岸(しがん)に対し、その此岸を超えたさとりの世界を彼岸とあらわしています。また、春分の日と秋分の日をお中日として、前後3日の7日間を彼岸と呼ぶのは、この期間に彼岸会として法要がつとめられたことからきています。「真宗の仏事」より抜粋
明福寺ではお彼岸のお中日は、彼岸会法要を行い、境内には模擬店がでます。法要では、お勤め、法話の後、門徒さんや有縁の方から民謡、どじょうすくい、チェロ、バイオリン等を披露していただいております。

     

4月原則第4日曜日 永代経法要
亡き人を縁として、故人を追慕するとともに阿弥陀如来の教えが、子々孫々にまで伝えられるように、という願いをもって行われる法要です。法話は外部の講師の方にお願いしております。門徒女性陣の協力により手作りのお斎(とき)(昼食)が出ます。

 

7月13日 盂蘭盆会法要
お盆の行事は、『仏説盂蘭盆経』というお経に説かれている釈尊のお弟子・木蓮尊者の物語に由来するものです。
神通第一と呼ばれた目連尊者は、亡き母を案じ、神通力によって母の姿を探し求めます。すると、母は餓鬼の世界に落ち、苦しんでいました。目連尊者は悲しみの中、何とか母を助けたいという思いで、食物を母のもとへ運びます。しかし、母のもとではすべてが火や廃に変わってしまうのです。
どうすることもできない目連尊者は、釈尊のもとに行き尋ねました。すると釈尊から、安居の最後の日、百味の飮食を盆に盛り、仏や菩薩や僧などの聖衆に供えるよう教えられます。 目連尊者がそれを実践すると、仏法僧の三宝の功徳の力によって、母は餓鬼の世界から救われたといいます。
明福寺においては、7月13日に法要を行い、講演会や聞法の場が設けられています。

9月(秋分の日)秋彼岸会法要
秋の彼岸会においては、勤行、法話の後に芝落語会さんのご協力により落語が行われ笑い声が本堂に響きます。

10月第4日曜日 報恩講
真宗門徒にとって一番大切な法要であり、宗祖親鸞聖人の恩徳をたたえ、聖人のおすすめになった念仏の教えを聞くことを趣旨とした法要です。